老け顔の大敵「ほうれい線」はどうすれば消える?
化粧ノリが劇的に変わる!馬プラセンタと美容成分たっぷりのサプリメント
公式サイトは以下の画像をクリック


あなたは大丈夫?老け顔にしないためのチークの選び方

チークの選び方はどうする?

チークほど、その使い方を間違えると悲惨なものはないですよね。
選ぶ色、入れる場所、入れる範囲を間違えるとたちまち老け顔まっしぐらとなってしまうアイテムではないでしょうか。

 

年齢肌を自然にカバーできるメリットがあり、顔色も明るく若くしたいなら間違えずに選んで使いこなしたいものですよね。

 

「色選びのコツ」

とにかく自然な感じにしあげるには色の選び方が重要です。
肌色を選ばず、健康的で若々しくするなら少し黄色みがあるピンクやオレンジが混ざったような優しいピンク色がおススメです。

 

一般的に色白の人は青味の入ったピンクがおススメです。
色黒の人はベージュやブラウン系の色が良いでしょう。
あまり暗い色は顔色が悪く見えるので適度に明るめの色にしましょう。
薄くチークを入れれば色黒の人でも大丈夫!
いろいろな色にチャレンジしてみましょう。

 

実際に肌に乗せてアドバイスをもらいながらという選び方が一番なのですが、なかなか難しいでしょうか。
どちらにしても、自分の肌色をよく研究してから買いに行きましょう。

 

「きれいに肌に乗せるには?」

笑顔を作りながら肌に乗せるのが自然に仕上がるポイントです。

真剣な顔で肌に乗せるとチークが下に入るのでたるんで見えます。
必ず笑顔でリフトアップさせてから入れましょう。
もう一点、大切なのは必ずファンデーションを塗った後に入れましょう。

 

頬骨の一番高い位置に、オーバルの形にブラシで乗せていきます。
真ん丸に入れてしまうとチークのメリットであるリフトアップ効果が望めないばかりか、逆に年齢肌に見えてしまいます。

 

いろいろ試して自分に合った色や乗せ方をマスターして、正しい選び方をすれば老け顔知らずに過ごせるはずです。

あなたは大丈夫?老け顔にしないためのチークの選び方関連ページ

老け顔脱却!ファンデの上手な選び方3選