老け顔の大敵「ほうれい線」はどうすれば消える?
化粧ノリが劇的に変わる!馬プラセンタと美容成分たっぷりのサプリメント
公式サイトは以下の画像をクリック


老けこむ眉にさようなら!旬の眉の描き方はこれだ!

眉の書き方は

眉毛は顔のパーツの中でも大切な要素です。
顔の印象を決めますし、眉の形ひとつで若々しいか老けているかが決まってしまいます。

 

いつものメイクだと老けて見られがちな人は眉のメイクが原因かもしれません。

 

「眉の色で左右される」

 

眉の色もとても重要です。
現在の髪の色に合わせるのがちぐはぐにならずにバランスが取れます。

 

眉の色だけが髪より濃いといわゆる老け顔「おばさん」メイクになりますから、今の髪の色よりも薄い色、明るい色を選ぶとおばさん風にはなりません。

 

「旬をしっかり研究して」

 

眉頭と眉尻を平行にする描き方が流行っています。
細い眉は一昔前と言う印象が強い傾向にあります。

 

細い眉は女性らしく大人っぽいイメージを作り、元の眉の太さで短めに描いていくと若々しく可愛らしいイメージを作れます。

 

眉の印象でその人の第一印象を決めますので、自分のなりたいイメージを研究しましょう。

 

「極端な描き方はNG」

 

  • 眉尻に向かって細くなり過ぎる眉
  • 細すぎる眉
  • 太くて濃すぎる眉
  • 長すぎる眉
  • 眉山が高すぎ、極端眉

 

これらの失敗をしてしまうとあか抜けない老け込んだイメージです。
極端すぎることは避けましょう。

 

「理想的な平行眉」

 

最初に目頭から目尻まで平行になるようにガイド選をひいて描くと良いでしょう。
眉頭は目頭と同じ位置から描き始め、眉尻は小鼻から目尻を結んだ延長上までとします。
眉山は目尻の上にすると自然です。

 

眉頭をアイブロウブラシで薄くぼかすようにします。
眉頭を他よりも濃くしてしまうと自然な感じにはなりません。
眉山から眉尻までの色を少し濃い目にするときれいに仕上がります。

 

あなたも老けない眉の描き方をマスターして若々しくあか抜けてみませんか?

老けこむ眉にさようなら!旬の眉の描き方はこれだ!記事一覧

メイクで肌のコンプレックスを上手に隠して若々しくしたいのに、なぜか老け顔になってしまうという方必見です。毎日のメイクの何かいけないのか、意外なところでファンデの選び方が間違っているのかもしれません。メイクのベースとなるファンデが老けて見られる原因なら大変です!若々しい美しい肌を手に入れるため、上手な選び方のコツを覚えて一刻も早く老け顔から脱却しましょう。「老け顔にならない上手な選び方は?」光拡散効...

チークほど、その使い方を間違えると悲惨なものはないですよね。選ぶ色、入れる場所、入れる範囲を間違えるとたちまち老け顔まっしぐらとなってしまうアイテムではないでしょうか。年齢肌を自然にカバーできるメリットがあり、顔色も明るく若くしたいなら間違えずに選んで使いこなしたいものですよね。「色選びのコツ」とにかく自然な感じにしあげるには色の選び方が重要です。肌色を選ばず、健康的で若々しくするなら少し黄色みが...